ライブハウスという空間

 

ライブハウスの仕組みについて

 

《取り置きとは》

インディーズバンドのライブで多いのが”取り置き”と呼ばれるものです。

言い換えるならばチケット予約というものです。

プレイガイド(e+、チケットぴあなどの大手企業)であらかじめチケット

を購入して当日ライブに向かうのがメジャーアーティストだと基本と

なるのですが、インディーズバンドだと取り置きが出来ることがほとんどです。

私も初めて行った日にこのシステムで困惑したのを覚えています←

 

やり方としては事前に見たいと思ったバンドさんのHPやTwitterから

取り置きをお願いしたいとコンタクトを取ります。

(大抵HPの問い合わせからで可能かと思います。)

もし特定の見たいバンドがなければ開催されるライブハウスに

予約を問い合わせてみると良いと思います。

そこで手順に従ってチケット予約をすればあとは当日会場に行くのみ!

会場に着いたら受付で目当てのバンド名(ライブハウス予約ならそれを伝える)

と予約した時の名前を伝えてお金を払えば入場が可能です◎

 

 

《ドリンク代とは》

ライブでは必ずと言って良いほど”ドリンク代”というものを支払います。

基本的に¥500~600ほどが全国どこのライブハウスでも多いです。

中には2ドリンクで¥1000だったり、アルコール・ソフトドリンクと

選べて値段が変わる場合もあります。

これを最初に支払うとドリンクチケットというものが渡され、それを

バーカウンターに持っていくと1杯ドリンクが飲めるのです。

これはチケット代と共に必須なのでご注意を。

 

 

《着いたら荷物は?》

少なからず皆さん荷物を持って会場に来るはず。

当日のイベントが混み合うイベントだと事前に駅などのコインロッカーに

預けてから向かったりしてもいいかと思います。

大抵の場合ライブハウスのロッカー(ない店舗もある)や受付などで

指定の料金を払うと荷物を預かってくれるクロークというシステムも

あるのでそちらを利用するといい。

基本的に身軽で荷物を少なくしておくと預けずに見れると思うのでオススメ。

 

 

《演奏と演奏の合間は何をすればいいの?》

基本的に何をしてもOK。

携帯をいじったり、友達とおしゃべりしたり、ドリンクを飲んだり…

過ごし方は自由です!